ネット印刷比較

色 CMYKとRGB

色の表現方法は、基本 「光の三原色」赤・緑・青によって表現されます。

RED=赤・GREEN=緑・BLUE=青の頭文字を取って RGBと呼ばれているんですね。

パソコンの画面上に表示される画像は全て「RGB」です。

RGBは「加法混色」と言って色を重ねるほど白に近づきます。


印刷の場合は、RGBと違い インキなどは、色を重ねるほどに黒に近づくCMYKで表現されます。

Cyan=シアン・Magenta=マゼンタ・Yellow=イエローの頭文字とBlack=ブラックの最後のKを取ってCMYKと呼ばれているんですね。

CMYKは「減法混色」と言って色を重ねるほど黒に近づきます。

だからRGBとCMYKとでは、色の表現方法が違うんです。

RGBのまま ネット印刷をすると 少し暗い感じに表現されます。

ネット印刷を注文する際は、RGBとCMYKの違いについて理解してから 注文する必要があるんですね。

しかし ネットの印刷屋さんによって 少々の色の誤差はありますので 本当に色に拘りたいのであれば 価格は高くなりますが、近くの印刷屋さんで 色見本を見ながら調整した方が良いと思います。

ネット印刷で素敵な印刷ライフ